先頭に戻る

帽子

 

帽子で薄毛になるか、心配ですか?

 

薄毛で悩んでいる男性は、大勢います…
中でも、食品工場やその他衛生基準の厳しい職業などで、常に帽子をかぶらないといけない状況の場合は、特に不安ですよね…

 

元々暑い環境の中・帽子をかぶることで、汗をかき・さらに頭皮がムレて、薄毛の原因にならないか心配になります…

 

では、その真相はどうなのか?
仮に薄毛の原因となる場合、予防・改善法はあるのか?

 

これについて、紹介したいと思います。

 

帽子をかぶると、本当にはげる?

びっくり

 

『帽子をかぶるとハゲになる…』
よく聞く言葉ですが、実際はどうなんでしょうか〜

 

帽子をかぶると汗をかき・頭皮がムレやすくなるため、確かに悪い影響になります…

 

帽子をかぶることで、はげる原因とは?

・帽子の生地が厚く、通気性がない
・帽子のサイズが合わず、頭や頭皮を締め付ける
・帽子を長時間、ずっとかぶったままでいる
暑い夏でも、帽子をかぶる環境にいる
・室内に入っても、帽子を取らない…

 

以上の場合、帽子の中は汗や分泌物でムレ、それが原因で雑菌繁殖も活発になるため、皮脂が頭皮の毛穴に詰まり・薄毛の原因となるのです…

 

さらには、ずっと帽子をかぶったまま・締め付けられたままだと、頭全体の血流が悪くなり、頭皮や毛根への栄養素が届きにくく、頭皮に負担がかかるため、薄毛の原因となります…

 

しかし、上で書いているように、食品工場や衛生基準の厳しい特殊な環境にいる方達は、常に帽子をかぶり・取る訳にはいきませんよね…

 

では、どうすれば薄毛を予防できるのでしょうか?

 

帽子をかぶる環境での、薄毛予防・改善対策!

改善

 

頭のサイズより、大きめの帽子を選ぶ!

大きめサイズの帽子をかぶることで、頭を締め付けないことで、頭皮も圧迫されないので、血流の妨げにならないのです。

 

血流が良くなれば、頭皮へのストレスが少なく・栄養素も十分に届くため、薄毛の予防・改善に繋がります!

 

汗をかいたら、小まめに拭き取る!

と言っても、工場内では難しいですよね…

 

ただ、トイレに行く時だけでも、ハンカチやタオルで定期的に汗を拭きとるだけで、雑菌繁殖が防げるので、薄毛の予防になります!

 

通気性を、良くする!

頭皮を締め付けない上に、通気性を良くすることで、大幅に薄毛予防ができます。

 

工場などの場合は、トイレや・休憩時間に、帽子を取り・汗を発散・通気をするだけでも、効果は大きく変わります!

 

常に、頭皮の環境を清潔に!

汗をかいた後は、毎日・なるべく早くシャンプーで、頭をキレイに洗いましょう♪

 

シャンプーすることで、頭皮の汚れや分泌物・毛穴に溜まった皮脂などがキレイに洗い流されるので、頭皮が清潔になり・薄毛予防になります!

 

いかがでしたでしょうか?
実は、帽子自体は紫外線や・その他様々な刺激から頭や頭皮を守ってくれるのですが、正直長時間かぶり続けるのは蒸れの原因となるので、小まめに汗を拭きとったり・通気性を心がけることで、頭皮の健康を守りましょう!