先頭に戻る

発毛剤は、危険?

危険?

 

薄毛やM字型ハゲの方には、手放せない・役立つ発毛剤ですが…
実は、発毛効果が高い分、体質によっては副作用が出る場合もあるんです!
しかし、成分や使い方をしっかり守れば、高い発毛効果が得られます。

 

特に副作用を起こしやすい、成分とは?

発毛剤の種類にもよりますが、中には以下の成分が含まれている発毛剤もあります!

 

・ミノキシジル
・フィナステリド(プロペシア)

 

この2種類の成分は非常に強く、体質に合わない人が使用した場合、最悪死に至るという報告もあります!

 

特に、

●体質が弱い人
●敏感肌の人
●アレルギーを持つ人
●肝機能障害を持つ人
●循環器疾患の人
●持病持ちの人

 

以上の方達は、上記の2種類が含まれる発毛剤の使用はおススメできません!

 

どんな副作用がある?

副作用

日本で知られている、発毛剤の副作用成分は主にミノキシジルが多いです…

 

どんな副作用があるの?

●湿疹、痒み…
敏感肌の方が使用した場合、一番引き起こしやすい副作用として、頭皮や体などにできる湿疹・ニキビが原因で、強い痒みの症状がでます。

 

●低血圧…
ミノキシジルというのは、元々高血圧の薬に使われる成分なので、血圧の高くない人が使った場合、低血圧の症状が出やすいです。

 

●動悸…
高血圧に効く成分なので、当然心臓にも負担がかかることで、動機などの症状が多いそうです。

 

●呼吸困難…
強いアレルギーを持つ人が、ミノキシジル成分を使用した場合、アレルギー反応として呼吸が困難になることがあります。

 

●性機能にも影響…
体質にもよりますが、極稀にミノキシジルがきっかけで、性機能が減退したという報告があるそうです。

 

●ムダ毛が増える…
毛の成長を助けるミノキシジルなので、当然体中の毛にも働きかけるらしく、腕や脚・胸などにムダ毛が増える症状が出ると言われています。

 

発毛剤の副作用は、無くせない?

 

改善

 

発毛剤は、医薬品です!
医薬品といったら、どんな物でも効き目がある反面、副作用も避けられないこと…

 

どんなに安全でも、効果が高い薬ほど・その副作用のリスクが高まると言われています。

 

例えば、私達の身近な風邪薬や・胃腸薬なども、人によって副作用は起こります…

 

ですが、副作用を恐れて何の薬も飲めなったら、病気も治せません!

 

先ほども紹介したように、使用する薬の飲み方と量をしっかり守ることが大事です◎

 

薬と同様・発毛剤も、自分の判断ではなく・決められた使い方や使用量をしっかり守れば安全です!

 

早く髪の毛を多くしたいから・もっと生えて欲しいからといって、使用量を多く増やすと、その副作用のリスクも当然高まります…

 

冷静に考えても、髪の毛が急にたくさん生えてくるわけないでしょう〜

 

個人の体質や毛根の栄養・バランスによって、副作用の出ない限度で・最大限に効果が得られる使用量を記載しているので、焦らず・ゆっくり・長く続ける人の方が、早く効果を実感することができるのです。